今日の作曲家

誕生日や命日を迎えた作曲家をショートストーリーとyoutube映像、公演情報をつけてご紹介。毎朝7時半にtwitterでも配信中。フォローをお願いします♪

アントン・ウェーベルン

12月3日生誕
1883年12月3日~1945年9月15日

アントン・ウェーベルン

アントン・ウェーベルン

ウィーンで貴族の家系に生まれました。ウィーン大学で古楽の研究をしたあと、21歳からシェーンベルク門下になります。4年ほどの修業のあと独り立ちしますが、主に指揮者として活躍します。シェーンベルクの弟子になる以前は後期ロマン派風な作品を書いています。ところがそれ以降は作風が一変し、調性感は希薄になり、やがては無調から12音へと変遷していきます。
ウェーベルンの作品は緻密な構成で凝縮されているのが特徴です。演奏時間は概して短く、音色の豊富さが印象的です。シェーンベルクという師匠のもと、ベルクと共に果敢に新しい音楽を切り開いていったのです。

それではシェーンベルクのもとで作った最初の作品「パッサカリア」を聴いてみましょう。

ウェーベルンが聴ける今日以降の公演は登録されていませんが、他の作曲家を聴いてみませんか?

ウェーベルンが聴ける今日以降の優待公演は登録されていませんが、他の作曲家を聴いてみませんか?

※公演、優待公演の数は、「ウェーベルン」で検索した結果です。
例えばベートーヴェンで検索した場合、ベートーベンは表示されません。また、バッハで検索した場合、ヨハン・ゼバスティアン・バッハやヨハン・クリスティアン・バッハが表示されます。正確に検索したい時は「条件を指定して公演を検索」機能をお試しください。