今日の作曲家

誕生日や命日を迎えた作曲家をショートストーリーとyoutube映像、公演情報をつけてご紹介。毎朝7時半にtwitterでも配信中。フォローをお願いします♪

マックス・ブルッフ

1月6日生誕
1838年1月6日~1920年10月2日

マックス・ブルッフ

マックス・ブルッフ

ブラームスの5歳下ですが、保守的な作風です。歌心の豊かな旋律が特徴的で、内容が乏しい面も否めませんが、この辺はブラームスとは違います。
代表曲で今日でも頻繁に演奏されるヴァイオリン協奏曲第1番は当初から人気を博しました。ところが第2番、第3番もあるのですが、こちらはほとんど演奏されません。ブラームスはブルッフのヴァイオリン協奏曲第2番を聴いて内容の浅さに疑問を持って自身のヴァイオリン協奏曲を書きました。これを聴いたチャイコフスキーはブラームスを酷評し、同じ年に書かれたチャイコフスキーの協奏曲は初演を依頼したアウアーに拒絶されてしまいました。ロマン派のヴァイオリン協奏曲は不遇なんですね。

それではヴァイオリン協奏曲第1番を聴いてみましょう。

ブルッフが聴ける公演を探す

今日以降で1件登録があります。

ブルッフが聴ける今日以降の優待公演は登録されていませんが、他の作曲家を聴いてみませんか?

※公演、優待公演の数は、「ブルッフ」で検索した結果です。
例えばベートーヴェンで検索した場合、ベートーベンは表示されません。また、バッハで検索した場合、ヨハン・ゼバスティアン・バッハやヨハン・クリスティアン・バッハが表示されます。正確に検索したい時は「条件を指定して公演を検索」機能をお試しください。