今日の作曲家

誕生日や命日を迎えた作曲家をショートストーリーとyoutube映像、公演情報をつけてご紹介。毎朝7時半にtwitterでも配信中。フォローをお願いします♪

パウル・ヒンデミット

12月28日没(没後50年)
1895年11月16日~1963年12月28日

パウル・ヒンデミット

パウル・ヒンデミット

ヴィオラ奏者として室内楽、ソロで活躍し、ベルリン音楽大学で作曲科の教授を務めました。
「画家マティス」はヒンデミットの代表作で、同じ素材をもとにオペラと交響曲を作曲しています。オペラに先立って交響曲が初演されました。フルトヴェングラー指揮のベルリン・フィルです。当時ナチスが政権を取り、ヒンデミットのような新しい音楽は「退廃音楽」と見なされ弾圧の対象となっていました。これに対しフルトヴェングラーがヒンデミットを擁護し、大騒動に発展しました。結果的にフルトヴェングラーはベルリン・フィルの指揮者のポジションなどを辞任、ヒンデミットも教授職を追われ亡命してしまいました。アメリカの市民権を得ましたが、戦後にヨーロッパへ帰っています。ウィーン・フィルの初来日公演の指揮者として日本に来たこともあります。

それでは「画家マティス」を聴いてみましょう。

ヒンデミットが聴ける今日以降の公演は登録されていませんが、他の作曲家を聴いてみませんか?

ヒンデミットが聴ける今日以降の優待公演は登録されていませんが、他の作曲家を聴いてみませんか?

※公演、優待公演の数は、「ヒンデミット」で検索した結果です。
例えばベートーヴェンで検索した場合、ベートーベンは表示されません。また、バッハで検索した場合、ヨハン・ゼバスティアン・バッハやヨハン・クリスティアン・バッハが表示されます。正確に検索したい時は「条件を指定して公演を検索」機能をお試しください。