今日の作曲家

誕生日や命日を迎えた作曲家をショートストーリーとyoutube映像、公演情報をつけてご紹介。毎朝7時半にtwitterでも配信中。フォローをお願いします♪

オリヴィエ・メシアン

12月10日生誕
1908年12月10日~1992年4月27日

オリヴィエ・メシアン

オリヴィエ・メシアン

11歳でパリ音楽院に入学。ピアノ、パーカッション、和声、フーガおよび対位法、伴奏、音楽史、オルガンおよびオルガン即興、管弦楽法、作曲を学び、22歳で卒業しました。すぐにサントトリニテ教会のオルガニストに就任、終生勤めました。
第2次世界大戦中にドイツ軍の捕虜になり、ゲルリッツの収容所に入れられます。そこで「世の終わりのための四重奏曲」が作曲され、演奏されました。ヴァイオリン、クラリネット、チェロ、ピアノという編成ですが、演奏者も聴衆も捕虜、という特異な環境で作られた曲です。戦後は巨大な編成の大作も書いています。また、オンド・マルトノような電子楽器も積極的に使っています。

それでは実質デビュー作である「忘れられた捧げもの」を聴いてみましょう。

メシアンが聴ける公演を探す

今日以降で2件登録があります。

メシアンが聴ける今日以降の優待公演は登録されていませんが、他の作曲家を聴いてみませんか?

※公演、優待公演の数は、「メシアン」で検索した結果です。
例えばベートーヴェンで検索した場合、ベートーベンは表示されません。また、バッハで検索した場合、ヨハン・ゼバスティアン・バッハやヨハン・クリスティアン・バッハが表示されます。正確に検索したい時は「条件を指定して公演を検索」機能をお試しください。