出演者種別
公演種別
子ども/高齢者
公演日/新着順
日~
会場

市区町村

キーワード

キーワードはスペースで区切ると複数の語句で検索できます。

今日の作曲家

誕生日や命日を迎えた作曲家をショートストーリーとyoutube映像、公演情報をつけてご紹介。毎朝7時半にtwitterでも配信中。フォローをお願いします♪

カミーユ・サン=サーンス

10/09

カミーユ・サン=サーンス

2歳でピアノ、3歳で作曲? どんな天才児だったのでしょうか。当時、モーツァルトと並び称されるほどの才能で、音楽だけでなく詩、天文学、数学、絵画などにも才能を発揮したということです
ハインリヒ・シュッツ

10/08

ハインリヒ・シュッツ

初期ドイツ・バロックを代表する作曲家で、バッハのちょうど100歳年長です。当時は音楽文化の中心地はイタリアで、シュッツもイタリアで、ジョヴァンニ・ガブリエリに師事しました。
武満徹

10/08

武満徹

日本を代表する作曲家。世界レベルで評価された人物でした。ほとんど独学で音楽を身に付けましたが、幼少時から新しい音楽に関心が向いていたようです。
カロル・シマノフスキ

10/06

カロル・シマノフスキ

ポーランドの富裕な家系に生まれ、幼少時から音楽に親しんでいました。といっても当時のポーランドはロシア領であり、その後ロシア革命の際にはシマノフスキの一族も打撃を受けるのでした。
ジャック・オッフェンバック

10/05

ジャック・オッフェンバック

喜歌劇「天国と地獄」であまりにも有名なオペレッタ作曲家。ドイツ出身ですが、パリで活躍しフランスに帰化しました。
カール・ニールセン

10/03

カール・ニールセン

北欧デンマークの作曲家です。シベリウスと同い年です。ニールセンの方が半年早く生まれていますね。貧しい農村に生まれ、ヴァイオリン奏者として音楽キャリアをスタートさせていますが、後半生は作曲家、指揮者、教師として活躍しました。
スティーヴ・ライヒ

10/03

スティーヴ・ライヒ

ちょっと毛色の変わった作曲家を紹介しましょう。存命の人です。ミニマル・ミュージックという分野のパイオニアの一人です。
マックス・ブルッフ

10/02

マックス・ブルッフ

ブラームスの同時代の人。ガチガチの保守派です。ワーグナーやリストの後期ロマン派を敵視し、R.シュトラウス、レーガーなどの新世代を攻撃しました。
アレクサンドル・チェレプニン

09/29

アレクサンドル・チェレプニン

映画「ゴジラ」の音楽で有名な伊福部明を見出し、指導したことで有名な人です。自ら設立した「チェレプニン賞」で若手作曲家を世に送り出していったのです。
ヨハン・マッテゾン

09/28

ヨハン・マッテゾン

バッハやヘンデルと同世代の人物。ヘンデルとは大変仲がよかったようです。作曲家としてよりも音楽理論家としての方が有名です。
エンゲルベルト・フンパーディンク

09/27

エンゲルベルト・フンパーディンク

フンパーディンクも9月生まれで9月に亡くなっています。ワーグナーに心酔し、バイロイトでワーグナーの助手を務めるほどでした。
ジョージ・ガーシュウィン

09/26

ジョージ・ガーシュウィン

アメリカ生まれの作曲家としては最も有名なのではないでしょうか。アメリカ生まれのジャズに親しみ、クラシック音楽との融合をはかったのが「ラプディー・イン・ブルー」です。
バルトーク・ベーラ

09/26

バルトーク・ベーラ

20世紀を代表する作曲家の一人。音楽史にしっかりと足跡を刻んでいます。初期はブラームスやリヒャルト・シュトラウスの影響を受け、ロマン派的な作風になっています。
ヨハン・シュトラウス1世

09/25

ヨハン・シュトラウス1世

ニューイヤーコンサートなどでよく目にするヨハン・シュトラウス。これが2人いるからやっかいです。父子です。父は1世、子は2世です。当たり前ですが。
ドミートリー・ショスタコーヴィチ

09/25

ドミートリー・ショスタコーヴィチ

20世紀の大作曲家の一人、として数え上げられています。20世紀前半のソ連で生きていくこと、作曲家としてのアイデンティティーを確立していくことは難しいことだったでしょう。
ジャン=フィリップ・ラモー

09/25

ジャン=フィリップ・ラモー

ラモーは9月に生まれ、9月に死んだので先日書いたばかりで再登場です。とにかく遅咲きの人で、40歳代までは教会のオルガニスト(ラモーの父もそうであった)として過ごし、残した曲もクラヴサン曲集というチェンバロのためのものだけでした。
グスターヴ・ホルスト

09/21

グスターヴ・ホルスト

組曲「惑星」で知られるイギリスの作曲家です。この中の「木星」が「ジュピター」としてヒットしましたね。若い頃はトロンボーン奏者でもあり、吹奏楽のための作品も数多く残しています。
パブロ・デ・サラサーテ

09/20

パブロ・デ・サラサーテ

言わずと知れた19世紀後半の大ヴァイオリニストです。クラシック音楽に興味がない人でもサラサーテの名前、あるいはツィゴイネルワイゼンは知っています。
ジャン・シベリウス

09/20

ジャン・シベリウス

91歳と作曲家としてはずいぶん長生きしたもんです。しかし、晩年の30年は曲を書いていないのです。20世紀に生きた作曲家ですが、いわゆる現代音楽とは違い、独自の作風を作り上げています。
フランチェスコ・ジェミニアーニ

09/17

フランチェスコ・ジェミニアーニ

バッハやヘンデルと同時代の人です。イタリア生まれでスカルラッティとコレッリの弟子です。ヴァイオリンの名手でナポリの宮廷楽団のコンサートマスターを務めていましたが、その名声は外国にも轟き、イギリスに招かれました。
フランツ・クサーヴァー・ジュスマイヤー

09/17

フランツ・クサーヴァー・ジュスマイヤー

モーツァルトの絶筆となった「レクイエム」を補筆完成した人物として歴史に名前をとどめています。サリエリの弟子で、モーツァルトの浄書などを手伝っていたようです。
ルイージ・ケルビーニ

09/14

ルイージ・ケルビーニ

モーツァルトより4歳年下、ベートーヴェンより10歳年上という古典派の時代の作曲家。イタリア出身ですが、パリでオペラ作曲家として活躍しました。
ミヒャエル・ハイドン

09/14

ミヒャエル・ハイドン

​パパ・ハイドン(フランツ・ヨーゼフ・ハイドン)の5歳下の弟で、兄があまりにも偉大だったため、その陰に隠れがちな存在です。
ジローラモ・フレスコバルディ

09/13

ジローラモ・フレスコバルディ

バロック初期の大家。ローマのサン・ピエトロ大聖堂(ヴァチカン!)やメディチ家のオルガニストを務めるなどの地位からその重要性を推し量ることができるでしょう。
アーノルド・シェーンベルク

09/13

アーノルド・シェーンベルク

​「ゲンダイオンガク」。という言葉を聞くと不快な響きで理解不能な音楽、という印象を持っている人が多いでしょう。
エマニュエル・シャブリエ

09/13

エマニュエル・シャブリエ

​幼少時からピアノの天才少年として知られていたましが、法律の道に進み、役人として働いていました。その間も独学で作曲を学び、ついに39歳の時に作曲家として活動をはじめたのです。
クララ・シューマン

09/13

クララ・シューマン

​あのロベルト・シューマンの妻。というだけでなく、音楽史上に燦然と輝く女流ピアニスト、作曲家であったのです。
ジャン=フィリップ・ラモー

09/12

ジャン=フィリップ・ラモー

​バロック末期のフランスの作曲家です。バッハ、ヘンデルとほとんど同世代の人で、この時代のフランス最大の作曲家とされています。
フランソワ・クープラン

09/11

フランソワ・クープラン

​クープランの一族はパリ周辺で長年にわたって活躍してきた音楽一家です。中でもこのフランソワが最も有名で、バロック時代中期から後期にかけて活躍しました。
リヒャルト・シュトラウス

09/08

リヒャルト・シュトラウス

ロマン派「最後」にして後期ロマン派を代表する作曲家。幼少時からホルン奏者であった父親から保守的な音楽教育を受けましたが、やがて新しい音楽に目覚めて行きます。