出演者種別
公演種別
子ども/高齢者
公演日/新着順
日~
会場

市区町村

キーワード

キーワードはスペースで区切ると複数の語句で検索できます。

今日の作曲家

誕生日や命日を迎えた作曲家をショートストーリーとyoutube映像、公演情報をつけてご紹介。毎朝7時半にtwitterでも配信中。フォローをお願いします♪

ヨハン・クリスティアン・バッハ

01/01

ヨハン・クリスティアン・バッハ

ヨハン・セバスチャン・バッハには20人の子どもがいました。そのうち成人した男子は4人で、いずれも音楽家になりました。
ドミトリー・カバレフスキー

12/30

ドミトリー・カバレフスキー

ショスタコーヴィチと同年代の作曲家です。ショスタコーヴィチと違い、当局から目を付けられることなく、大衆にわかりやすい音楽を作りました。
アンリ・ビュッセル

12/30

アンリ・ビュッセル

ドビュッシーの「小組曲」は原曲はピアノ連弾で、それをオーケストレーションしたのがビュッセルです。
パウル・ヒンデミット

12/28

パウル・ヒンデミット

ヴィオラ奏者として室内楽、ソロで活躍し、ベルリン音楽大学で作曲科の教授を務めました。
モーリス・ラヴェル

12/28

モーリス・ラヴェル

言わずと知れた「オーケストラの魔術師」です。天才的な色彩感あふれるオーケストレーションと精妙な書法が特徴です。
コジマ・ワーグナー

12/25

コジマ・ワーグナー

番外編です。リストの娘にしてワーグナーの妻、という特別な存在です。リストはワーグナーの義理の父となるわけですが1歳と半年しか離れていません。
ジョン・ダンスタブル

12/24

ジョン・ダンスタブル

何しろ古い人なので何もかもがよくわかっていません。死んだ年はコンスタンティノープルが陥落し、東ローマ帝国が滅亡しました。
アルバン・ベルク

12/24

アルバン・ベルク

シェーンベルク、ウェーベルンと共に12音音楽技法を開拓していった人です。少年時代は早熟で波乱に満ちた日々を過ごしました。
エドガー・ヴァレーズ

12/22

エドガー・ヴァレーズ

前衛音楽の先駆的な役割を果たした人です。オーケストラの「楽器」としてサイレンを取り入れたり、パーカッションだけの作品を作ったり、電子音楽の分野も開拓しました。
ジョヴァンニ・ボッテジーニ

12/22

ジョヴァンニ・ボッテジーニ

「コントラバスのパガニーニ」。といわれるほどのテクニシャンでした。もともとはヴァイオリンを学んでいたようです。
ジャコモ・プッチーニ

12/22

ジャコモ・プッチーニ

プッチーニといえばオペラですが、もともとは宗教音楽家の一族に生まれ、教会オルガニストを務めるなどオペラ作曲家を目指したのは比較的遅かったのです。
ニルス・ゲーゼ

12/21

ニルス・ゲーゼ

デンマークの作曲家です。デンマークというとグリーグが有名ですが、ゲーゼはその先生ですね。
アンドレ・ジョリヴェ

12/20

アンドレ・ジョリヴェ

前衛的な音楽からわかりやすいCM音楽までを手がけ「音楽のジキルとハイド」といわれていたようですが、そんなことは今では当たり前にやっていることですね。
アントニオ・ソレール

12/20

アントニオ・ソレール

バロック音楽が隆盛を極めた頃、その中心地だったのはイタリア、フランス、ドイツです。スペインやポルトガルは国自体が絶頂期を過ぎ、新興国に取って代わられた時代です。
カミーユ・サン=サーンス

12/16

カミーユ・サン=サーンス

サン=サーンスはアフリカが好きで、ピアノ協奏曲第5番には「エジプト風」というタイトルが付けられ、幻想曲「アフリカ」というピアノと管弦楽のための曲まであります。さらに亡くなったのがアルジェリア旅行中、という極めつきですね。
ロディオン・シチェドリン

12/16

ロディオン・シチェドリン

存命の作曲家です。交響曲やピアノの名手でもあるため自ら初演したピアノ協奏曲などの管弦楽曲を手がけています。それよりも評価が高いのはオペラやバレエなどの舞台作品です。
山本直純

12/16

山本直純

テレビ番組「オーケストラがやってきた」の司会や映画「男はつらいよ」の音楽担当で知られるナオズミさんはシチェドリンと生年月日が一緒、ついでにベートーヴェンと誕生日が一緒です。
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

12/16

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

音楽史上、ベートーヴェンほど重要で後に大きな影響を与えた人はいないでしょう。その当時だけではなく、現代までもその影響は続きます。そんな偉大な作曲家ですが、20歳代に耳が聞こえなくなります。
平尾貴四男

12/15

平尾貴四男

日本の音楽学校を出ているわけではなく、パリで作曲とフルートを学びました。裕福な家庭環境で、慶應義塾在学中にも弘田龍太郎、大沼哲らに和声学やソルフェージュなどを学ぶ音楽的環境にあったようです。
カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ

12/14

カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ

大バッハの次男。名付け親はテレマン。生前は大バッハより有名で、どの兄弟よりも成功した人物でした。ハイドンやベートーヴェンに大きな影響を与えています。
コンラディン・クロイツァー

12/14

コンラディン・クロイツァー

後世に残る作曲家か、忘れ去られる運命にある作曲家なのか、誰にもわかりません。大いにもてはやされていてもあるときを境に知られざる存在になったり、生前は全く陽の目を見なくても後生、世界中の人が知るようになったりと、人の運命はわかりません。
エクトル・ベルリオーズ

12/11

エクトル・ベルリオーズ

開業医の家庭に生まれ、18歳になるまでほぼ家庭で教育されました。医者になるためパリに出て医科大学に入学しますが、解剖学実習で嫌気がさす、というロマン派作曲家にふさわしいスタートを切りました。
セザール・フランク

12/10

セザール・フランク

交響曲やヴァイオリン・ソナタで有名ですが、遅咲きの作曲家です。銀行家の家庭にベルギーで生まれ、早くから楽才を示していたようです。
オリヴィエ・メシアン

12/10

オリヴィエ・メシアン

11歳でパリ音楽院に入学。ピアノ、パーカッション、和声、フーガおよび対位法、伴奏、音楽史、オルガンおよびオルガン即興、管弦楽法、作曲を学び、22歳で卒業しました。
エミール・ワルトトイフェル

12/09

エミール・ワルトトイフェル

フランスのヨハン・シュトラウス、でしょうか。ワルツやポルカで一世を風靡しました。パリ音楽院で学び、「タイスの瞑想曲」で有名なマスネが同級生でした。
ジャン・シベリウス

12/08

ジャン・シベリウス

19世紀半ばから20世紀半ばまで生きました。マーラーより5歳、リヒャルト・シュトラウスより1歳若いだけですが、そうした人たちに比べても保守的な作風ですね。
ボフスラフ・マルティヌー

12/08

ボフスラフ・マルティヌー

7歳の頃からヴァイオリンを学び、めきめきと上達したそうです。才能が認められてプラハ音楽院に入学。しかし、学校の勉強よりも実学、つまりアマチュア楽団に混ざって演奏していたりする方が楽しかったようです。
クラウス・プリングスハイム

12/07

クラウス・プリングスハイム

戦前の日本で教育者として大きな影響を与えた人物です。48歳の時に東京音楽学校(現・東京芸術大学)に着任、作曲部を創設しました。
ピエトロ・マスカーニ

12/07

ピエトロ・マスカーニ

オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」の大成功により一躍時代の寵児となりました。しかし、その後これに匹敵する作品を生み出すことはできませんでした。
ヘンリク・グレツキ

12/06

ヘンリク・グレツキ

現代の作曲家の中でも例外的にベストセラーを生み出した人です。現代音楽=聴きづらい、わからない、という構図は確かにあるでしょうが、グレツキも前衛的な作風から出発しました。