出演者種別
公演種別
子ども/高齢者
公演日/新着順
日~
会場

市区町村

キーワード

キーワードはスペースで区切ると複数の語句で検索できます。

学生 クラシック 器楽

くにたちデビューコンサートVol.05 国立音楽大学打楽器専攻生による打楽器アンサンブルの世界

公演日
2017年03月29日(水)
【開演】19時00分 【開場】18時30分
会場

東京都国立市

くにたち市民芸術小ホール


料金
一般1,000円  学生700円
ご案内
ささやくような繊細さ、炸裂するダイナミズム!
打楽器の魅力にあふれた演奏会です。お気軽にお越しください。

出演:国立音楽大学打楽器アンサンブル
   国立音楽大学打楽器専攻生による打楽器アンサンブル。   
   1970年に第1回定期演奏会を開催、以後毎年回を重ね、本年で48回を迎える。
   現在、日本で恒常的に活動している打楽器アンサンブルのなかでは最も古い歴史を持つ。
   本学打楽器科教授の福田隆氏と講師の植松透氏の指導のもと、打楽器アンサンブルの古典から難解な現代曲まで幅広く取組み、打楽器による表現の可能性を日々探究している。
指揮・監督:福田隆(国立音楽大学教授)
   熊本県出身。東京芸術大学音楽学部器楽科打楽器専攻卒業。同大学院修了。
   在学中からパーカッショングループ72のメンバーとして打楽器音楽の移植、新作の初演等、普及に努める。2007年より、国立音楽大学打楽器アンサンブルの音楽監督を務める。

演奏曲
~打楽器アンサンブル ヴァレーズから西村朗まで~
エドガー・ヴァレーズ:13人の打楽器奏者のための「イオニザシオン」
ヤニス・クセナキス:3組のジャンベのための「オコ」
アレクサンドル・ボロディン:弦楽四重奏第2番より「ノクターン」
西村朗:6人の打楽器奏者のための「ケチャ」

~打楽アンサンブル 打楽器奏者が作曲した定番曲~
吉岡孝悦:4台のマリンバのための「スクエアダンス」
エマニュエル・セジョルネ:8人の打楽器奏者のための「ソッソ-バラ」
マーク・フォード:「ヘッド・トーク」(打楽器五重奏)
トーマス・ゴーガー:5人の打楽器奏者のための「ゲインズボロー」
  ※プログラムは予告なく変更jされる場合があります。
ホームページ
http://www.kuzaidan.com/hall/
主催
公益財団法人くにたち文化・スポーツ振興財団