出演者種別
公演種別
子ども/高齢者
公演日/新着順
日~
会場

市区町村

キーワード

キーワードはスペースで区切ると複数の語句で検索できます。

アマ クラシック 室内楽

Musikverein室内楽団 第12回定期演奏会

公演日
2018年03月04日(日)
【開演】14時00分 【開場】13時30分
会場

東京都武蔵野市

武蔵野市民文化会館 小ホール


料金
全席自由 無料(事前予約は終了しています。 当日券もございますが、ご予約いただいたお客様を優先入場とさせていただくため開演前に満席になり次第入場をお断りさせて頂くこともございます。)
ご案内
♪モーツァルト/ 弦楽五重奏曲第4番ト短調 K.516
Violin1 加藤健治/ Violin2 加藤紗弓/ Viola 加藤悠太/ Violoncello 上田涼子

♪ベートーヴェン/ 弦楽四重奏曲第12番変ホ長調 op.127
Violin1 加藤孝基/ Violin2伊倉顕彦/ Viola 加藤悠太/ Violoncello 上田雄

♪スメタナ/ 弦楽四重奏曲第1番ホ短調「わが生涯より」
Violin1 伊倉顕彦/ Violin2 上田華奈子/ Viola 加藤孝基/ Violoncello 江畑徹郎


当団は、2009年、慶應義塾ワグネル・ソサィエティー・オーケストラ、早稲田大学フィルハーモニー管絃楽団両楽団の元コンサートマスター、首席奏者を中心に結成されました。
楽団名の"Musikverein"は楽友協会の意で、学び舎は違えど4年間の大学生活を共にしてきた"学友"が、"楽友"となって一つの音楽を創り上げたいという願いが込められています。2014年秋には結成5周年を記念して紀尾井ホールにて公演を行い、好評を博しました。記念演奏会を通じて、一層お客様一人ひとりとの深いつながりを実感しました。
メンバーを取り巻く環境は日々刻々と変化していますが、よりレベルの高い演奏を目指し、お客様の心の奥底まで響く音楽をお届けすべく精力的に活動を行っています。
今回はこのたびリニューアルオープンされた武蔵野市民文化会館小ホールで12回目の定期演奏会を開催します。
モーツァルトの物悲しくも軽快な弦楽五重奏曲第4番、ベートーベンの後期の代表作である弦楽四重奏曲第12番、そしてメインにはチェコの代表的な作曲家スメタナの人生を描いた弦楽四重奏曲「わが生涯より」を披露いたします。
それぞれの異なった彩りをお楽しみいただける充実したプログラムとなっておりますので、皆様ぜひとも聴きにいらしてください。ご来場を心よりお待ちしております。
ホームページ
http://wkco.web.fc2.com/index.htm
主催