出演者種別
公演種別
子ども/高齢者
公演日/新着順
日~
会場

市区町村

キーワード

キーワードはスペースで区切ると複数の語句で検索できます。

プロ クラシック オーケストラ

NHK交響楽団演奏会

公演日
2018年06月30日(土)
【開演】17時00分 【開場】16時15分
会場

埼玉県草加市

草加市文化会館


料金
S席6,500円、A席5,000円、B席3,500円
ご案内
今年11月、草加市は市制施行60周年というメモリアル・イヤーを迎えます。
草加市は、平成5年に「音楽都市宣言」をして以来、今年で30回を数える「国際ハープフェスティバル」をはじめ、10回目を
迎える市民参加型イベント「歌とダンスのファンタジー」のほか、近年は2020年の東京五輪・パラリンピックをも視野に入
れながら、「淡路人形浄瑠璃」や「日本の響…草加の陣~邦楽のパイオニア達の共演~」など日本の伝統音楽や芸能などの
発信にも努めています。
そんな中で迎える市制施行60周年、公益財団法人草加市文化協会では、アジアを代表するオーケストラであることはもと
より、世界屈指の「N響」を草加に迎えての記念演奏会を開催します。指揮・尾高忠明、ピアノ・小山実稚恵、管弦楽・N響と
いう輝かしいトリオによる珠玉のラフマニノフ・プログラムをご堪能下さい。

指揮/尾高忠明
1947年生まれ。国内主要オーケストラへの定期的な客演に加え、ロンドン交響楽団、ベルリン放送交響楽団など世界各地のオーケストラへ客演。これまで1991年度第23回サントリー音楽賞受賞。1993年ウェールズ音楽演劇大学より名誉会員の称号、ウェールズ大学より名誉博士号、1997年英国エリザベス女王より大英勲章CBEを、さらに1999年には英国エルガー協会より、日本人初のエルガー・メダルを授与されている。現在NHK交響楽団正指揮者、BBCウェールズ・ナショナル管桂冠指揮者、札幌交響楽団名誉音楽監督、東京フィルハーモニー交響楽団桂冠指揮者、読売日本交響楽団名誉客演指揮者、紀尾井ホール室内管弦楽団桂冠名誉指揮者。2017年4月からは大阪フィルハーモニー交響楽団ミュージック・アドヴァイザー、2018年4月からは同団音楽監督に就任予定。

ピアノ/小山実稚恵
人気・実力ともに日本を代表するピアニスト。チャイコフスキー国際コンクール、ショパン国際ピアノコンクールの二大コンクールに入賞以来、今日に至るまで、コンチェルト、リサイタル、室内楽と、常に第一線で活躍し続けている。全国6都市にて行ってきた”12年間・24回リサイタル・シリーズ”が、2017年秋に終了。2018年春には、シリーズのアンコール公演が行われる。これまでに国内の主要オーケストラはもとより、チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラ、ロイヤル・フィル、BBC響など海外オーケストラとの共演、フェドセーエフ、小澤征爾をはじめ国際的指揮者との共演も数多い。2015年より被災地活動の一環として自ら企画立案したプロジェクトが、仙台で行われている。ソニーとの30枚目となる最新盤は『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』。また、著書『点と魂と ―スイートスポットを探して』がKADOKAWAより出版されている。2013年度 東燃ゼネラル音楽賞本賞、2015年有馬賞、2016年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。2017年度 紫綬褒章を受章した。

管弦楽/NHK交響楽団
1926年に結成された新交響楽団から51年、NHK交響楽団と改称。これまで、カラヤン、アンセルメ、カイルベルト、マタチッチなど世界一流の指揮者たちと歴史的名演を残している。近年N響は、年間54回の定期公演をはじめ、各地で約120回の演奏活動を行っている。また、2013年8月にはザルツブルク音楽祭に初出演、2017年春にベルリン、ウィーンをはじめ、ヨーロッパ主要7都市で公演を行うなど、その活動ぶりと演奏は国際的にも高い評価を得ている。現在N響が擁する指揮者陣は、首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィ、名誉音楽監督シャルル・デュトワ、桂冠名誉指揮者ヘルベルト・ブロムシュテット、桂冠指揮者ウラディーミル・アシュケナージ、名誉客演指揮者アンドレ・プレヴィン、正指揮者 外山雄三、尾高忠明。

ホームページ
http://soka-bunka.jp/index.html
主催
公益財団法人草加市文化会館