出演者種別
公演種別
子ども/高齢者
公演日/新着順
日~
会場

市区町村

キーワード

キーワードはスペースで区切ると複数の語句で検索できます。

プロ クラシック オーケストラ

シンフォニエッタ 静岡 第5回東京定期公演(第53回定期公演)

公演日
2018年06月24日(日)
【開演】14時00分 【開場】13時30分
会場

東京都港区赤坂1-13-1

サントリーホール ブルーローズ


料金
一般5000  学生1000(4歳以上25歳未満の学生・限定数販売)
子ども/シニア
4歳以上入場可。ホール正面入口から段差なしに入れる会場です。
ご案内
指揮:中原朋哉 
バセットクラリネット/クラリネット
フェルディナント・シュタイナー(ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団首席奏者) 

~Mozart from Salzburg~

シェーンベルク:管楽五重奏曲
フィンジ:ロマンス
モーツァルト:クラリネット協奏曲
(バセット・クラリネットで演奏/アイグミュラー:シュタイナーのためのカデンツァ 付 )

モーツァルトの故郷ザルツブルクから、クラリネット奏者のフェルディナント・シュタイナーが本公演のためだけに来日します。シュタイナーは、モーツァルトゆかりのオーケストラ、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団で首席奏者を務め、特にモーツァルトのクラリネット協奏曲のソリストとして欧米各国、南アフリカ等から招かれています。シュタイナーとシンフォニエッタ 静岡 芸術監督の中原朋哉が旧知の仲であり、シンフォニエッタ 静岡創設時からシュタイナーとの共演を数多く行ってきました。焼津市内の小学校の体育館で2日間で6回もモーツァルトの協奏曲を演奏したこともあります。作曲された当時の名人芸を思わせる、毎回異なる演奏は、「世界中で中原朋哉とシンフォニエッタ 静岡でしか対応できない。」とシュタイナーが言うほど、固い信頼関係によってモーツァルトの作品本来の姿を感じていただくことが出来るでしょう。シュタイナーと共に9年ぶりとなる難曲、シェーンベルクの「五重奏曲」と、甘く美しいフィンジの「ロマンス」にもご期待ください。
ホームページ
http://www1.odn.ne.jp/ssj/
主催
主催:一般社団法人シンフォニエッタ静岡  後援:オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム 、静岡県