消費税率改正に関するお知らせ

出演者種別
公演種別
子ども/高齢者
公演日/新着順
日~
会場

市区町村

キーワード

キーワードはスペースで区切ると複数の語句で検索できます。

アマ クラシック 器楽

diversEnsemble Concert #2

第1回演奏会より 吉松隆:ピアノ協奏曲”メモ・フローラ” 第1楽章(Pf:市川 未来)

公演日
2019年01月20日(日)
【開演】14時00分 【開場】13時30分
会場

兵庫県伊丹市宮ノ前1丁目1−3

東リ いたみホール


料金
1,000円(全席自由、前売り・当日同額)
子ども/シニア
託児室の利用可。先着順のため予めお問い合わせください。
ご案内
ー 現代に生きる「演奏家」が自らの意思で選んだ曲を取り上げ、ソリスト・オーケストラ・聴衆で創造する、新たな音楽体験。

diversEnsembleは「diverse(多様な)」+「ensemble(アンサンブル)」の造語であり、主に関西で活動する様々な立場の演奏家が集まり、プロ・アマの垣根を超えて演奏活動をしています。
diversEnsembleでは、関西に所縁のある若き演奏家をソリストとして迎え、主に協奏曲をメインに取り上げています。
他と決定的に異なるのは、"ソリスト自身が曲を決定し、決められた曲をプログラムの軸とする"点です。
ソリストの本当に弾きたい曲を取り上げる事で、「仕事」ではなく「純粋に音楽を愛する者」としての演奏が舞台で披露できる事を企図したこの革新的手法により、現代に生きる演奏家が舞台で奏でる生き様を、オーケストラと客席の三者で共有し創造する、かつてない音楽体験をして頂ける事を約束します。

第2回では関東、そして欧州でも研鑽を積んだ2人のソリストを迎え、各々が奏者として"挑戦したい"曲をセレクト。ニールセン、プロコフィエフのいずれも比較的コンテンポラリーな作品ではありますが、前者はクラリネットの持つ負の要素も活かしたアバンギャルドな響きを、後者はプロコフィエフならではの激性もありながら、明晰で美しい抒情的な音楽となっています。

また、各々の協奏曲にリンクした曲として、「シャブリエ:田園組曲」「グリンカ:幻想的ワルツ」も合わせて取り上げます。シャブリエは牧歌的な雰囲気と木管アンサンブルの愉しみを、グリンカはロシアンワルツの萌芽を感じて頂ける曲となっています。


今回も協奏曲ならではの醍醐味と、diversEnsembleだからこそなし得る未曾有の音楽体験に満ちています。
是非お越しください。
ホームページ
http://www.diversensemble.com/
主催
主催:diversEnsemble 事務局 / 後援:兵庫県立西宮高校音楽科同窓会「音華会」
募集
現在、第2回演奏会メンバーを弦楽器中心に募集しています!詳しくは http://bit.ly/2Mf0XEF にアクセス!!