出演者種別
公演種別
子ども/高齢者
公演日/新着順
日~
会場

市区町村

キーワード

キーワードはスペースで区切ると複数の語句で検索できます。

プロ 演劇

正造の石

公演日
2019年02月23日(土)
【開演】13時30分
会場

東京都渋谷区千駄ヶ谷

紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA


料金
一般6,300円、U25(25歳以下)3,150円(劇団のみ取り扱い、要証明書)、高校生以下1,000円(枚数限定、劇団のみ取り扱い、要証明書)
ご案内
明治末の東京を舞台に、ひとりの若い女性の成長と自立を、その逞しい生き方を伸びやかに描きます。数々の名作ドラマの脚本家として知られ、2020年大河ドラマの脚本をつとめる池端俊策氏と河本瑞貴氏による期待の舞台作品です。

あらすじ:明治39年、日露戦争の勝利に国中が湧きたっていた頃、北関東にある谷中村では足尾銅山から流出する鉱毒によって水や田畑が汚染され、農民たちは病と貧困に苦しんでいた。新田サチ(森田咲子)の家の被害も甚大だった。事態が深刻化するなか、サチは婦人解放運動家・福田英子(樫山文枝)のもとで住み込みのお手伝いになるため東京へ向かった。自由と平等の権利を求める活動家たちに囲まれ目まぐるしい日々を送る英子にサチを紹介したのは、足尾銅山閉鎖を国に訴え続ける田中正造(伊藤孝雄)だった。「何の値打ちもねえが、世界でただ一つの石だ」。渡良瀬川で拾った石を正造はサチの手に握らせて送り出す。しかし、サチは福田家の内情を密偵するよう官憲に命じられていたのだった。苦悩の日々のなか、サチはひとつの詩に出会う。サチの心に輝きがともった……。
ホームページ
http://www.gekidanmingei.co.jp/performance/2019_shouzounoishi/
主催
劇団民藝
募集
劇団員を募集中です。演技部(俳優)は2月28日応募〆切。演出部、制作部は随時。詳しくはHPを。