出演者種別
公演種別
子ども/高齢者
公演日/新着順
日~
会場

市区町村

キーワード

キーワードはスペースで区切ると複数の語句で検索できます。

プロ 器楽 ワールド

ヤヌシュ・プルシノフスキ・コンパニャ~祖国を思うショパンの魂に迫る「農村マズルカの世界」~

公演日
2019年06月12日(水)
【開演】19時00分 【開場】18時30分
会場

島根県安来市飯島町70

安来市総合文化ホール アルテピア 小ホール


料金
一般前売:2,500円、一般当日:3,000円、学生前売:1,500円、学生当日:2,000円、※アルテピアパートナーズクラブ会員割引あり
子ども/シニア
未就学児入場不可。車イス席あり。※学生券の対象は大学生・専門学生・短大生以下です。
ご案内
去年に引続きHAGANE MUSIC(ハガネミュージック)開催決定!!
HAGANE MUSIC シリーズ第一弾!日本・ポーランド国交樹立100周年記念公演
フレデリック・ショパンのマズルカの源流、懐かしさ溢れる農村伝統舞曲【農村マズルカ】


今年、日本との国交100周年を迎えるポーランドを代表する音楽家といえばショパンが上がります。
彼は現役時代の大半をフランスで過ごしましたが、心はいつも祖国ポーランドにありました。
彼が書いた多くのポロネーズやマズルカのインスピレーションの源は農村伝統音楽「農村マズルカ」であり、現在ヤヌシュたちの献身的な努力により今、ポーランドで再興を果たしています。
初来日、素朴で激しくどこか懐かしい真のポーランドのソウルミュージックをアルテピアでぜひお聴きください。
今年もナビゲータとして”バイリンガル講談師・玉田 玉秀斎(たまだ ぎょくしゅうさい)”が一緒に会場を盛り上げてくださいます。


■マズルカとは?■
ポロネーズと並ぶポーランドの3拍子の伝統舞曲。
ポロネーズが貴族階級で親しまれたのに対し、マズルカは一般庶民に親しまれた。
”マズルカ”とはマズル・クヤヴィアク・オべレクなどの異なる起源をもつ民族舞曲の複合形である。


■ヤヌシュ・プルシノフスキ・コンパニャ(=仲間たち)の編成&プロフィール■

ヤヌシュ・プルシノフスキ
[ヴァイオリン、ポリッシュ・アコーディオン、ハンマーダルシマー、ヴォーカル]

ピョトル・ピシュチャトフスキ
[パーカッション]

ミハウ・ジャク
[フルート、クラリネット、サックスほか]

シュチェパン・ポスピェシャルスキ
[トランペット]

マテウシュ・コヴァルスキ
[ベース/Basetla:ポーランドの伝統的楽器]


■アルテピアパートナーズクラブ会員割引■
3/16(土)10:00~6/5(水)19:00まで
一般前売券 2,000円
学生前売券 1,000円です。


■プレイガイド情報■
・安来市総合文化ホール アルテピア TEL:0854-21-0101
・フォト文具いちかわ広瀬本店 TEL:0854-32-2416
・フォト文具いちかわプラーナ店 TEL:0854-21-0201
・安来観光交流プラザ(JR安来駅内) TEL:0854-23-7667
・島根県民会館チケットコーナー TEL:0852-22-5556
・プラバホール(松江市総合文化センター) TEL:0852-27-6000
・米子市文化ホール TEL:0859-35-4171
・アクティブ・プロ TEL:0859-48-0700
ホームページ
https://www.artepia.jp/event_detail_02.php?no=119
主催
安来市総合文化ホール アルテピア