出演者種別
公演種別
子ども/高齢者
公演日/新着順
日~
会場

市区町村

キーワード

キーワードはスペースで区切ると複数の語句で検索できます。

プロ クラシック 室内楽

幻の楽器 バリトン~エステルハージー・アンサンブル日本公演~

06/01 クラシック 室内楽

幻の楽器バリトン公演チラシ表面

06/01 クラシック 室内楽

幻の楽器バリトン公演チラシ裏面

公演日
2019年06月01日(土)
【開演】14時00分 【開場】13時30分
会場

神奈川県鎌倉市佐助1-2-47

鎌倉 佐助サロン


料金
前売 ¥4000、当日 4500
ご案内
幻の楽器「バリトン」の音色を携えウィーンよりエステルハージー・アンサンブルが再来日。水戸、鎌倉、浜松、福岡、熊本、大分、宮崎と公演を行います。今日では実演されることの少ないハイドンの名曲「バリトン三重奏曲」を聴く貴重な機会をお見逃しなく!

「バリトン」は17~18世紀に主に南ドイツ・オーストリアを中心に王侯貴族の間で愛好された楽器です。当時宮廷音楽の主流であったヴィオラ・ダ・ガンバと同じく6-7本のガット弦を弓奏する楽器ですが、ガンバとの大きな違いは、楽器の裏側にさらに9本~20本の共鳴弦を持っていることです。表の弦を弾くと裏側の弦が共鳴し、また爪弾いて演奏することにより、幅広い倍音効果が生まれます。この独特の響きに魅せられ自らも演奏したのが、ハイドンが楽長として仕えたハンガリーの大貴族エステルハージー・ニコラウス1世侯でした。ハイドンはバリトンをこよなく愛したニコラウス候のために150曲以上ものバリトン曲を作曲しました。

しかしバリトンは奏法が難しく、楽器の製作も困難なため、今日ではほとんど演奏されることがなく、この楽器を弾きこなせる演奏家が非常に少ないのが現状です。

今年2019年は日本・オーストリア友好150周年ということもあり、これを機にバリトン音楽のスペシャリストであるエステルハージー・アンサンブルをウィーンより招聘することが実現しました。

古都鎌倉の日本庭園の美しいサロンで、バリトンの共鳴弦の音色に包み込まれるような優雅なひと時をお楽しみください。

バリトン:ミヒャエル・ブリュッシング
バロックヴィオラ:アンドラーシュ・ボリキ
バロックチェロ:マリア・ブリュッシング

曲目:ヨーゼフ・ハイドン及びルイージ・トマジーニによるバリトン三重奏曲
ホームページ
http://baryton2019.com/
主催
エステルハージー・アンサンブル日本公演実行委員会

上記公演のお問合せ

問合せフォーム

お名前
メールアドレス
誤入力防止のため同じアドレスを入力してください。 ・AOLのメールアドレスには「みんなの公演情報」からのメールが届かないことがあります。別のメールアドレスをご利用ください。 ・yahoo、hotmailなどのフリーメールアドレスには「みんなの公演情報」からのメールが迷惑メールフォルダーに入ることがあります。受信トレイに届いていない場合は、こちらもご確認ください。 ・スマートフォンや携帯電話のメールアドレス(docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、softbank.jpなど)でご登録される場合は、あらかじめ「snacle.jp」からのメールを受け取れるように設定をお願いいたします。
お問合せ内容
300文字以内

上記でご入力頂いた情報を主催者/公演情報の登録者にお知らせします。
この後のやりとりは主催者/公演情報の登録者と直接お願いします。また、本サイトの利用規約もご確認ください。

不正利用を防止するため、下記の数字を入力して「問合せる」ボタンをクリック(タップ)してください。