消費税率改正に関するお知らせ

出演者種別
公演種別
子ども/高齢者
公演日/新着順
日~
会場

市区町村

キーワード

キーワードはスペースで区切ると複数の語句で検索できます。

プロ 演劇

異邦人

公演日
2019年09月26日(木)
【開演】18時30分 【開場】18時00分
会場

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タカシマヤタイムズスクエア南館7F

紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA


料金
一般:4,200円、U25(25歳以下):3,150円、高校生以下:1,000円
子ども/シニア
土日の公演では無料託児もあります(劇団民藝に要予約)
ご案内
【出演者】樫山文枝、中地美佐子、小杉勇二、齊藤尊史、神敏将ほか

現代社会の諸問題を通して日本人の本質を鋭く衝いてきた中津留章仁氏による新作です。経済優先に走る経営者家族を描いた『篦棒』(2016年)につづく民藝書き下ろし第2作。私たちの社会でいま急激に存在感を増している外国人労働者たちと日本人家族の物語です。
欧州では難民や移民の問題が大きな話題となっている昨今。日本でも人口減少、人手不足などを背景に外国人労働者が増加を続けていますが、「労働力」としてではなく、本作では異なる文化を持つ人間同士として触れ合うことで生じる摩擦や感情を辿ることで、「島国」日本に暮らす私たちの根底にある意識を浮き彫りにし、共生の道を探ります。受け入れて共に生きていくために私たちはどう変わっていくのでしょうか。
物語は小さな町で家族経営する庶民的な洋食屋さんを舞台に展開。私たちにごく身近な登場人物たちとベトナム人技能実習生たちの心の交流が描かれていきます。

【あらすじ】 村本早苗と哲夫の夫婦は、ある地方の小さな町で食堂を営んでいる。お客は、近くの工場の従業員や近隣の農家や勤め人といった庶民的なお店。娘の友紀は役場に職を得て、息子の涼太は見習いコックとして哲夫の下で修行中だ。常連のお客は近くの工場の社員たちや農家の人びとで、以前は客足が絶えない店だったが、最近オープンしたばかりのネパール人カレー屋に押され気味。そんな時、店にグエンとチエンというベトナム人が現れる。「技能実習生」として農家で働くグエンと、工場で働くチエン。グエンのつくるカレーは絶品だった。早苗と哲夫は、新メニューに加える決断をするのだったが……。
ホームページ
http://www.gekidanmingei.co.jp/performance/2019_ihoujin/
主催
劇団民藝公演